未経験でも活躍できる「データ入力」の仕事ですが、もちろんスキルがあれば即戦力として採用率が上がること間違いなし!

  • 「データ入力」で求められることとは?
  • 役立つスキルは?

面接前にチェックして、できることからスタートしてみましょう。

タイピングで求められるのは速さ?それとも正確さ?

「データ入力」の仕事は、パソコンのキーボードが打てるのはもちろん、ある程度のスピードや正確さが求められます。
そのため、タイピング講座やタイピングソフトを利用し、入力スキルをアップしておくと良いでしょう。

派遣で「データ入力」入力の仕事をしている女性の場合、1分間で何文字くらい打てるか、タイプミスは何回か、といったチェックが行われることも少なくありません。
また、速さとミス率では、ミス率が少ない人間が採用されるケースが多いそうです。
「データ入力」の仕事は、入力後のチェックも仕事の内ですが、ミス率が少ない人間の方が、チェック結果が正しい例が多いため、採用されやすくなります。

インターネットを通じて、タイピング練習のできるサイトもあるため、利用し良い結果が出せるようなら、履歴書に記入しアピールすると、良い結果につながるでしょう。
最低ラインとして、1分間100字以上、正解率95%は目指せば、不安なく転職できます。

ブラインドタッチは必須ではありませんが、できるに越したことはありませんので、苦手な場合も、空いた時間に少しずつ練習しておきましょう。

ワードやエクセルができると印象アップ

「データ入力」の仕事は、企業ごとに用意されている自社ソフトだけでなく、ワードやエクセルを利用して打ち込む場面も少なくありません。
この時、基本を知っていないと、予期せぬ操作ミスで周囲に迷惑をかけてしまう、といった事態に陥ることもあるでしょう。

使うと便利なショートカット機能や、ちょっとしたテクニックを知っておけば、自分自身の助けにもなります。
一般事務作業の手伝いを申し付けられるケースもあるため、余裕があれば認知度やお役立ち度の高いMOS資格を取得しておくとさらに良いでしょう。

「データ入力」と言えども、パソコンの知識やスキルはあればあるほど、転職先で役に立つでしょう。
練習や勉強を重ねて、入力のプロフェッショナルになったり、キャリアアップを狙ったりできるケースもあります。
アルバイトや派遣の場合も、入力の正確さや速さが時給アップにつながったと言う例が少ないため、単調な中にも、やりがいを感じられる職種だと言えるでしょう。