未経験の女性から、特に人気となっている「データ入力」のお仕事。
そのお給料も気になりますよね。
時給は?年収は? 面接前に平均収入を知ることで、将来設計やキャリアパスなどが立てやすくなりますよ。

「データ入力」の収入はどのくらい?

「データ入力」の仕事は、資格などがなくても働けるため、事務の中でも給与が多くない部類に入ります。
年収としては200~300万円、時給では1,000円程度となるケースが多いでしょう。
地域に寄りますが、手取りで月収15万円~20万円程度と思っておけば問題ないでしょう。

「データ入力」専属ではなく、OA事務員として就職したり、一般事務の仕事も兼ねていたり、というケースでは、収入がもう少しアップする傾向にあります。

派遣やアルバイトの場合は、応募者のスキルによって時給が変動するため、タイピング能力を磨いておきたいですね。

在宅で働く場合は、一日に引き受ける仕事の量によって、大きく変動します。 お小遣い程度の収入~正社員以上に稼いでいる女性まで、スキルと努力次第で変わるため、力試しにチャレンジしてみるのも良いですね。

登録時に登録料を請求するようなサイトは、登録後に仕事がまったく紹介されないなどのトラブルに巻き込まれるケースがあるため、注意しましょう。

「データ入力」のお給料を上げるには?

収入がそれほど高額ではない「データ入力」 それでは、最初に提示された以上に、お給料を上げる方法はないのでしょうか?

正社員であれば、年に一度のベースアップや、ボーナスなどで収入がアップするため、景気が良い上昇気流にのっている企業を選ぶようにしましょう。

派遣社員であれば、資格手当や夜間手当がある企業を選ぶと、収入をアップできます。 将来的に、正社員雇用がある求人を選ぶのも良いでしょう。
定期的にスキルチェックを行い、派遣先の評価などを参考にしながら、時給を上げてくれるような派遣会社を選ぶことも重要です。

在宅で働く場合は、仕事時間を増やす、経験を積み優良な依頼主と出会う、などの方法で手取り収入を増やるでしょう。

いずれの場合も、ただ言われたデータを打ち込むのではなく、向上心を持ったり、仕事で工夫したり、といった姿勢でいることが大切です。

少しでも多くの文字を入力するため、ローマ字入力よりもタッチ数の少ない、かな入力へシフトしている事務員さんもいるそうですよ。
英文入力が得意な人間も、データ入力職では重宝されています。