「データ入力」は、文字通り依頼されたデータをパソコンへ打ち込んでいく仕事です。
ですが、一日中データと向き合っている会社だけでなく、電話対応を行ったり、書類作成をお願いされたりといったケースもあります。

長く働きたいなら、 「データ入力なら何でもOK!」 と求人サイトでけんさくするのではなく、自分がしたい働き方と合っている職場を見つけることが重要です。

「データ入力」の様々な働き方

それでは、実際にデータ入力の仕事をしている女性が、どんな仕事内容をこなしているのかをチェックしてみましょう。

データ入力のみを担当

データ入力の求人で、アルバイトや未経験歓迎な案件だった場合、一日中データ入力の仕事がメインとなるケースが多いでしょう。
売上や仕入れのデータ、営業データ、顧客データ、など、担当する作業は様々です。
どのようなデータであっても、間違いの無いよう、しっかりと確認する癖をつけておきましょう。

データ入力+電話応対

データ入力をしながら、社内へかかってきた電話応対を頼まれるケースです
難しそうに感じるかもしれませんが、要件を聞き、担当者に取り次ぐまでが主な仕事となるため、丁寧に相手の言葉を聞き取るようにすれば、誰にでもできる仕事です。
よりスムーズな応対ができるよう、ビジネスの場で求められる言葉遣いや、勤務先の情報などを、自分から学ぶようにすると重宝されます。

データ入力+ファイリング

データ入力の仕事は“入力して終わり”ではなく、打ち込んだデータをプリントアウトし、保管するケースもあります
指示に従い、打ち込んだ書類を決められたファイルへファイリングするところまでがセットになっていますから、最後まで気を抜かず、間違いの無いように片付けるようにしましょう。

データ入力+書類作成

データ入力に慣れてきたら、手書きで作成した資料を、ワードやエクセルで書類化する、といった作業を任されることもあります。
社内文書やプレゼン文書など、重要な書類を依頼されるようになると、大きな自信ややりがいが感じられるでしょう。

データ入力+事務作業全般

職場によっては、データ入力の募集であっても、事務作業全般をお願いされる場合があります。
事務職がやりたくて転職した場合は問題ないのですが、 「データ入力メインで……」 と思っていた場合は、予期せぬ来客や電話応対やお茶出し、コピー、お使いなどを頼まれ、困ってしまうケースもあるでしょう。

「思っていた仕事と違った」 そう後悔したいためにも、面接時に、 「データ入力以外の仕事を行うことはありますか?」 と聞いておくことが大切です。